Neko ねこねこ掲示板 [ ねこも〜ど ]

名前を教えるのにゃ!     :
どんな話題を書くのにゃ?   :
この数字を入力してにゃ!「 はちよんなな 」:
なんでもいいから書くのにゃ! : タグは使えないけどURLは自動でリンクになります(URLは2個までOK)


2013年11月のログ


[#6236] 時の異邦人
From: ヤマザキ
Date: 2013/11/20 16:32:28 JST

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ〜ン!ヤマザキです(^^;
久しぶりにこちらに来たら、なんてタイムリー!
こういうところ、とりさんとの不思議な縁を感じてしまうのよね。

時の異邦人は私も高校生の時の心の拠り所でした。
もう、ビデオ(VHS)擦り切れるくらい見たよ。
今でも大切な作品ですね。

大人になってからはなんだか心が鈍ってしまったのか、
あまり映画もアニメもマンガも見なくなってしまって・・・
ずぅ〜っと昭和のアニメファンのまんまです(^^;

忙しそうだね。
風邪ひかないでね。
北の大地から応援してます♪


あ、そうだ。
NHKのシャキーン!でオンエア中の「じまん×じまん」という曲に息子が出ております。
時間があったら探してみてね。
とりさん分かるかなぁ(^^)

[#6235] 声を訪ねて…
From: とり
Date: 2013/11/19 23:17:59 JST

とりです。
本番ひっきりなし時期のスタートです…これだけタイトにスケジュールがあるのは
これまであまりなかったので、体調を崩さないことだけ心がけて乗り切りたい所です。

最近、歌の他の声をつかった表現に関しても、
自分自身の表現力を高めるためにいろいろ研究、研鑽中です。
やればやるほど何もかも奥が深く、どこまでもどこまでも深いです。
それで、なんとなくこれぞ記憶の奥底で残っているアニメのシーンの
声ってどれかなあと記憶を辿ってみました。
数限りなく、どれだけのアニメでどれだけの声優さんに夢をもらい、
しかもどれだけのアニソンに力をもらったろう…とどれもこれも
大切だったのですが。
ひとつと思ったら、ヤマザキさんあたりはやっぱりかといいそうですが
ゴーショーグンのレミーは小山さんでした!時の異邦人ですね…
戦っている姿勢がやっぱ今も好きで見返して涙とともに力が。
もちろんブンドルさんは好きな男性キャラの原型でしょう。ふっ……

好きな作品は何十回も見ちゃう派なので、最近では絶対ファフナーだし、
00だしなのですが。しかも某BLなあのアニメを20周くらいしてますが。
相変わらず欲望に誠実な人だな…わたし。映画もいっちゃうぞ。

声に出して言葉を読む、詩を読む、
そういうことから自分の歌への気付きがたくさんあります。
まだまだ変わっていけるといいなあ。

[#6234] 椿姫ができるまで
From: とり
Date: 2013/11/07 22:37:19 JST

『椿姫ができるまで』という映画を見に行ってきました。
ひとりで大号泣モード…
デセイやオペラの幕が開くまでひとつずつのシーン、ディテールが
丁寧に深く作り込まれて行く様子が椿姫の音楽と一緒に胸の奥まで染みたのでした。

好きだけど苦手な気もするけど好きすぎるんじゃんっ?ってオペラが
いくつかあって、ひとつはプッチーニのラ・ボエーム。
過去に観劇するたびに最終幕が見れないほど体調が悪くなるのです…
というのも前半の青春群像があまりにも好きで、後半みんなが大人になり
バラバラになり、ミミが死んじゃうのがどうしても耐えられない…。
で、物語に入りすぎてやられてしまう…
次が椿姫。これはラストまできちんと見ることが出来るのですが、
もう、泣かずにいられない。ジェルモンが出てきてヴィオレッタに息子との
別れを迫るシーンやら、アルフレードがキツくあたるシーンやらで
もう心が痛すぎてすり減り…最後のヴィオレッタの死で気持ちが昂って
どうしようもなくなったりします。
自分が歌うにはまず感情を整えないと無理だろうなあ…と手をまだ出していません。

昔々始めての海外暮らしにドイツにいた頃、
働いていた先の知人の息子さんがチケットをプレゼントしてくださって
始めてヨーロッパで見たオペラが椿姫でした。
運命がぐるぐる回るシーン(小さな頃ジプシーの踊りというタイトルで器楽で勉強した)の回転扉や
すごい究竟なタンクトップのアルフレード、真っ白な衣装のヴィオレッタと
今も記憶にすごく残っています。

いろんな役の曲を勉強するのですが、最近のお気に入りは魔女が恋をしたために魔法を失うお話です。

[#6233] 秋から冬へ
From: とり
Date: 2013/11/05 04:42:45 JST

とりです。
前に書き込みをしてから季節が随分進んでしまいました。
皆さんお風邪など平気ですか?
私の方は、今年は随分気持ち的に拗らせて秋を迎えたのですが、
悩んだのもよかったのか、新しいことに挑戦したり、企画したり、
来年の展開をいろいろ考えられる感じになってきました。
目下この11月から2月までがコンサート関係の大忙し時期で、
特に60分目安のコンサートが2本あるので、プログラムを組むのに
楽譜を引っ掻き回しています。
2月には講演も頼まれているので何をお話しようかといったところです。

春以降は具体的な日付までは決まっていないのですが企画コンサートを立ち上げようと思っています。
頭に思い描いているものを具体化させつつ、日々をこなして今年が終わりそうです。
思い返せば、今年も盛りだくさんだったなあ…
活動できていることが本当にありがたいです。

▼以前のログを読むのにゃ
2002: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12